Google Earth

7.3.3.7786

Google Earthは3Dで地球の地理を探索できるソフトウェアです。バーチャルな地球を色々探索できる様々な機能を搭載しています

Google EarthをGoogle Mapsと間違えてはいけません:どちらともAlphabet,Inc.(Googleの親会社)に所属するものの、後者はウェブマップリソースで衛星写真やGoogle Street Viewなどの機能で歩き回る事ができるソフトです。Earthはそれとは違い(一部の機能は共通ですが)、これは衛星写真をベースに地球の地理を探索できるバーチャル地球を提供するソフトウェアです。

この地球地図はEarthViewer 3Dという名前で開発されKeyholeという企業が開発していましたがその企業はGoogleによって買収され、アプリケーションも同じ道を辿りました。衛星写真の重複配置をベースに設計されており、航空写真とSIGデーターモデルをベースにした地理情報とパソコンの作成したデーターを融合しています。

様々なプラットフォーム向けのアプリが存在しています:Linuxパソコン、Windows 10や以前のバージョン向け、Android向けのAPKフォーマットやさらにはiPhoneとやiPad向けのiOSデバイスバージョンもあります。またProバージョンも存在し、無料でダウンロードすることが可能ですがこれはビジネス環境でツールを使用するためにより高度な機能をユーザーに提供しています。

どこにいても世界の様々な場所を見ることができます。イエスが処刑されたとされる場所もです。

主な特徴

このプログラムはマップ、衛星画像や世界中の3D再現、さらには宇宙空間までへのアクセスを提供しており、高画質で星座を確認することも可能で、しかもすべてをパソコンのデスクトップから行えます。そのために以下の特徴や機能を備えています:

  • 詳細な情報で3Dの世界を探索しよう。
  • 地球の地理情報や高度差を確認でき、建物などを三次元で表示します。層によるシステムによって様々な情報を変えることができ、様々なタイプの情報を表示できます。
  • マップは常に更新されています。
  • ロケーション情報の検索を行おう。
  • 海底を確認することも、建物、空、火星や月などの惑星や衛星を見ることもできます。
  • Street View機能で街中を歩きまわろう。
  • 簡単に距離や面積を測れます。
  • 歴史的な写真を視聴できます。
  • 様々なズームレベルですごく詳細な情報を確認できます。
  • どんな場所へのルートガイドも指定できます。
  • Flight simulatorと呼ばれる飛行機シミュレーターを使用できます。
  • 複数のGPSフォーマットに対応。

Proバージョンでは何が加わる?

Professionalつまりfullバージョンのソフトウェアは様々な地理情報や機能を必要とする仕事で使用できるビジネス環境向けに開発されており、実際のところどう優れているか、というわけではありません。どのように使用するか、にかかっており、提供している機能は一般的なユーザーが家庭で使用するものではなく、そのためにウェブでは2つのダウンロードバージョンが提供されているのです。なので、Proは一部のオプションを追加してさらにサイズの大きなファイルとなっています:

  • 4800ピクセルを超える解像度の印刷に対応。
  • ESRIもしくはMapInfoからGISデーターをインポートすることが可能でプレゼンテーションでその情報を使用できます。
  • ロットで位置情報をインポートすることに対応(同時に2500までの位置情報に対応)。
  • 地積情報、交通状況や人口情報などへアクセス可能。
  • HD画質で動画として録画できます(1920x1080px)。
  • さらなる計測ツールの種類。

当時はプログラムのAPIはダウンロードしたいすべてのプログラマー向けに提供されていましたが今はChromeとFirefoxのセキュリティー問題からウェブからは使用できません。

最新バージョンの新機能

  • Street Viewエクスペリエンスが改善されました。
  • プラスコードの検索結果が改善されました。
  • ‘ウェブのGoogle Earthから見る’でウェブバージョンのGoogle Earthが表示されるようになります。
条件と追加情報:
  • インストールにはインターバル接続が必要です。
Google
3か月前
09/07/20
57.6 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続